風景写真家 縄手英樹は、日本風景写真家協会に所属するプロの写真家です。
以前は大型カメラでの撮影が中心でしたが、現在ではデジタルカメラでの撮影に切り替えています。

日本全国を渡り歩き、年々変わりゆく自然風景と対峙していると、 美しい風景がいつまでも続くよう願わずにはいられません。
海外と比べると四季がはっきりしていてメリハリのある日本の風景美を、 いつまでも撮り続けていきたいと思っています。
これまでに撮りためた写真の一部をギャラリーに載せておりますので、心ゆくまでご覧ください。

  • 2018年12月19日

    今年の秋の総括①

    今年の秋は前年に続き北海道の撮影をしようと、東北の日本海側を撮影しながら北上し、途中鳥海山の伏流水である元滝に […]...

1 2 3 4